宇部マニアックス
好奇心満載の野ウサギが野山を駆けめぐる…

宇部マニアックス
カテゴリ
更新履歴

(完全な更新履歴は こちら

お知らせ
特別賞が当たった!
昨日(3日)の節分は中津瀬神社に行ってきました。お目当ては福あめのくじです。学童期には毎年訪れていたものの大人になってからはご無沙汰状態でした。ここ数年前から通い始めています。

毎年、末等の「福」ばかりで当たったためしがありません。ですから今年も期待していなかったんですが…計7本引いたくじの中に特別賞が混じっていました。


通常の等は紙縒りに赤い字で印刷されています。紙縒りを開くと、通常の「福」とは別に何やら黒い字が…見たこともないくじです。何かが当たったらしいと感じました。引き替えに行くと、これが全部で50本用意されている特別賞であることが分かりました。

当たりが出ると太鼓が打ち鳴らされます。子どもの頃、頻繁に太鼓が打ち鳴らされ当たりが続々と出ているのを知りながら自分にはまったく当たりが訪れないのを残念に思ったものでした。特別賞は新天町名店街で使えるお買い物券でした。

いつもは薄暗くなってから訪れていましたが、今年は終日雨と分かっていたので昼過ぎに車で行きました。明るいうちに訪れたのは今年が初めてで、これには中津瀬神社の福あめの総括記事を作成するための写真撮影も理由にありました。先にご褒美を頂いてしまったので、これはもう何としても記事化せねばなるまいな。

ちなみに境内で行われる福あめのくじは中津瀬神社によるものではなく、新天町名店街協同組合により始められたことが宮司さんからのお話で分かっています。初期の福あめは、末等のあめも捻り巻きの形状でした。正確にいつから始められたのか、どうして福あめがあの形状なのかはまだ調査を要します。いずれ福あめに関する総括記事を作成します。

(完全なお知らせ履歴は こちら

総合アクセス数  本日:本日のアクセス数  昨日:昨日のアクセス数

サイト内検索はこちら 動作が不安定です。ご了承ください。


コンセプト / プロフィール / 運用ポリシー / 用語集 / FAQ / 守って頂きたいこと / リンク集 / お問い合わせ