宇部マニアックス
好奇心満載の野ウサギが野山を駆けめぐる…

宇部マニアックス
カテゴリ
更新履歴

(完全な更新履歴は こちら

お知らせ
巡回家庭教師を再開しています。
「宇部マニさんって一体何やってる人なの?」って思われてしまいそうですが、表題の通りです。つい最近始めたってのでもなく先月の中旬から始めることとなりました。市内の中学生で、英数の基礎固めと高校の受験対策も含めて取り組んでいます。


きっかけは全く予期しない携帯への電話からでした。遙か昔の昔、まだ社会人になる以前の大学生時代には学校の教諭になる方針でいました。大学の2回生あたりから知り合いの紹介で生徒を教え始め、意外にも口コミでうちも来て欲しいという声が相次いで夕方を中心に生徒宅を訪問して回っていました。もしかすると学生時代ながら収入は現在よりも上だったかも知れません。

生徒が卒業するとそこで訪問は終了します。継続して生徒を教え続けていたいという供給と、個人教育を重視して塾ではなく家に教えに来て欲しいという需要が存在し、それを擦り合わせる家庭教師派遣業というものが現れ始めた頃でした。私も当時まだ市内に支部があったある業者に登録し生徒を回して頂きました。大学生は殆どフリーな身ですから、紹介のあった生徒は断らずすべて引き受けました。一週間に10人くらいの生徒宅を巡回していた時期もあります。その頃から単なる家庭教師ではなく「巡回家庭教師」を自称していました。

さて、先月の上旬に突然、この業者から私の携帯に電話がありました。市内のある地区の中学生で英数を教えて欲しいという依頼があったのです。携帯番号を変えていなかったためまだ登録が残っていたようです。去年を含めて数年前にも電話がかかってきたことはあり、その時も請ける態度は示していましたが、生徒の希望曜日が合わなかったので実現に至っていませんでした。

嫌いでやりたくなかったり、あるいは要望されている以上のサービスを提供できないなら普通は断ります。現在は昔と比べてカリキュラムも価値観も異なっていますが、授業を求められていて自分の方針で進める教育手法を理解して頂けるなら断る理由がありません。求められている労働力を含めた需要は、可能であるならば供給するのが自然です。派遣会社側も私が現役から相当離れていることは理解していて、生徒宅で希望される好きな方針でやって良いという話でした。

中学生の英数を教えるわけですから、当たり前ですが当該科目に関しては教授できるだけの知識だけでなく要領も体得しています。受け身でなく自ら仕事を追い求め、ときに自力で生徒を開拓し、生業に繋げていた私にとって最初の業務とも言えます。そして後年になって気付いたことに、これらはまったく独立した仕事というわけではなく根っこの部分で繋がっています。広義には「何かのスキルや知見を得るために、それまで自分自身が獲得してきた経験を元に、相手が誰であろうが持ち合わせている既存の情報に繋げて理解を深めていくこと」です。この表現で、巡回家庭教師業はもちろんコラム執筆を含めた宇部マニ的活動のすべてが包括されます。

興味や好奇心を刺激することは、新たな知識を獲得する大きな助けとなります。一般に言う「勉強なんてつまらない」「地元には見るべき観光資源なんて何もない」から、如何に知的好奇心を刺激して人々の見方を変えていくことに共通しています。

市の定例業務は年々業務内容が少なくなっており、この方面での収入は将来的にゼロとなるのが予想されます。経済面での生活水準は今や過去最低まで落ち込んでいますが、今すぐ更なる生徒開拓などと鼻息を荒げている状況ではありません。ただ、今回のように業務を求められ、提供されるサービス水準に満足され継続を求められるなら何処にでも出向くことでしょう。

(完全なお知らせ履歴は こちら

総合アクセス数 本日 本日のアクセス数 昨日 昨日のアクセス数

サイト内検索はこちら 動作が不安定です。ご了承ください。


コンセプト / プロフィール / 運用ポリシー / 用語集 / FAQ / 守って頂きたいこと / リンク集 / お問い合わせ