宇部マニアックス
好奇心満載の野ウサギが野山を駆けめぐる…

宇部マニアックス
カテゴリ
更新履歴

(完全な更新履歴は こちら

お知らせ
渡辺翁記念会館 開館80周年イベントに出席しました。
12月8日に前夜祭として渡邊祐策の志を語るギャラリートークと伝説のピアノのロビーコンサートが開催されました。このイベントは本来9月17日に行われる予定でしたが、台風襲来の影響で記念館の使用が停止され順延されたものです。
余談ですがあの台風は個人的に精神的ダメージの方が遙かに大きく後々まで尾を引きました

ロビーでは午後5時半より講師(塾長)渡邊裕志氏、聞き手(局長)真部尚志氏の対談形式で渡邊祐策翁の幼少期から壮年期までの多くが語られました。写真はギャラリートークの様子です。


ギャラリートークの最後には参加者からの質問タイムがありました。このとき私は局長真部氏から予定外に指名され、大慌てしつつ頭の中にあった質問を投げ掛けるという一幕もありました。この質問は予定調和的ではなくホントにまったくの予想外なのでした。
渡邊祐策翁に関しては既に多くの書籍や資料が充実しており、当サイトから翁に関して補完する情報を書く余地など殆どないのですが、下地となった思想や先人たちの取り組みについてまとめておく価値があると考えています。いずれ私見も交えた記述を公開しようと思います。

もう一つの特筆すべきは、この前夜祭で2階ロビーに置かれているスタインウェイのピアノが初めて明瞭な作品を奏でたという点です。戦禍をくぐって生き延びたスタインウェイのピアノは、渡邊祐策翁を始めとする当時の有志たちにより寄贈されたものです。一部の鍵盤は剥がれ欠けた音も生じるという不完全な状態だったのですが、適正な調律に加えて欠けた音を補完する演奏法および作品の選定により実現されたものです。奇跡のピアノが作品を奏でたのは数十年振りのことであり、この意味で伝説のスタインウェイのピアノは「復刻」から「復活」への道のりを歩み始めたと言って良いでしょう。

本日9日は午後2時よりホールコンサートが開催されます。最近、コラム執筆をはじめとする外部活動なども多く当サイトの更新が滞りがちになっているのは認識しています。書きかけドキュメントが山ほど溜まっています。もう暫くお待ち下さいませ。

(完全なお知らせ履歴は こちら

総合アクセス数  本日:本日のアクセス数  昨日:昨日のアクセス数

サイト内検索はこちら 試験運用につき動作不安定です


コンセプト / プロフィール / 運用ポリシー / 用語集 / FAQ / 守って頂きたいこと / リンク集 / お問い合わせ