宇部マニアックス
好奇心満載の野ウサギが野山を駆けめぐる…

宇部マニアックス
カテゴリ
更新履歴

(完全な更新履歴は こちら

お知らせ
まったく酷い夏でした。
9月の第2週に入って漸く涼しくなりました。それも徐々に秋めいてくるといった塩梅ではなく、ある日を境に気温がストンッて落ちるような変化でした。数日前から指湿疹に係る薬を飲まなくてもやり過ごせるようになり、作業も捗り始めています。昨日などは殆ど2ヶ月振りに自転車で外を走ってきました。差し掛けの中でサドルが埃を被っていました。

全国的に言われるように、まったく今年の夏は酷い有様でした。7月上旬の台風が去った後から猛暑が続き、殆ど雨もなく日中の気温が30度超えなんてのも当たり前の状況でした。今が9月中旬前ですから一年を春夏秋冬で4等分したとしても暑かった夏の期間は3ヶ月以下になります。それでも今年の夏が堪えたのは、40度に迫る尋常ならぬ高温と乾期の到来と言ってもいいほどの雨の少なさにありました。暑い夏は海やプールなどのレジャーには好適なはずが、暑すぎてプールサイドを歩くと火傷の恐れがあるから水泳が中止になるという異常な事態でした。

水資源の問題は、著しい地域差をもたらしています。もう要らないから降ってくれるなという地域に容赦なく降りつけ、第二次節水も脅かされそうな地域には雨雲が避けて通っています。この懸念はある程度涼しくなった現在もなお解決されてはいません。天候に関しては未だに「祈る以外ない」状況です。昔の人は雨乞い祈願で南無是(なもうぜ)踊りを踊ったり、稲束を千把集めて焼いて空を焦がせば雨が降るなどと言っていましたが、現代人はあながち鼻で笑っていられもしません。

今のところ週間予報を見る限りでは最高気温も30度以下の推移となっています。「不要不急な外出を避けよ」とまで言われた超高気温状態は恐らくもう大丈夫でしょう。今年のところはもうこれで堪えてやるが、また来年押しかけて悩ませてやるからなとでも言いたげな夏将軍ならぬ夏いじめっ子でした。

もっとも暑さ一段落とホッとしているどころではなく、自然災害で形を失うほど酷く山が崩れたり、水に浸かって復旧の目処もたたない被害を受けた地域があります。生活リズムや健康を害されるほどの気候だったとは言え、それだけで済んだのはまだ幸甚と言えるのかも知れません。人類の叡智をもってしても被害をもたらす極端な気候をコントロールすることは未だにできず、日本全国の何処がどんな原因で壊滅的被害を受けるかはまったく確率の世界に支配されています。

来年以降も今までと同じかもしかして更にパワーアップした気候が押し寄せるのなら、この先10回くらい年が巡る間に住んでいる地域が何らかの苛烈な自然災害に遭遇する確率はほぼ100%と考えるべきでしょう。近年の極端な気候変動がオゾンホール問題の如く、その原因が分かって有効な対策が取れる方向へ進むことを望みます。もしかすると我々は日常の何気ない習慣が苛烈な自然災害の間接的原因となることを知らずに(あるいは知りつつもそれを止める術も無いままに)今を過ごしているのでしょうか。

(完全なお知らせ履歴は こちら

総合アクセス数  本日:本日のアクセス数  昨日:昨日のアクセス数

サイト内検索はこちら 試験運用につき動作不安定です


コンセプト / プロフィール / 運用ポリシー / 用語集 / FAQ / 守って頂きたいこと / リンク集 / お問い合わせ