宇部マニアックス
好奇心満載の野ウサギが野山を駆けめぐる…

宇部マニアックス
カテゴリ
更新履歴

(完全な更新履歴は こちら

お知らせ
未来永劫続くサイトは存在しない。
さて、久し振りにYahoo!ブログでFBの仕様に関する批判的記事でも書こうか…と思ってブログトップへ移動したところ、年内一杯にもYahoo!ブログが完全に終焉する旨のアナウンスがあったことを知りました。
上のお知らせもYahoo!ブログの公式アカウントから発信されているので、今年の年末までには閲覧できなくなります。

最近はYahoo!ブログでの記事を殆ど書いていません。最新の記事ですら2017年11月末のものなので、閉鎖アナウンスは些か寝耳にミミズ(?)とは言え近年のSNSの隆盛振りをみれば予測はつきました。

公開されている記事をゴッソリとアーカイブするなら、限定された範囲でリンクを辿って得られるデータを保存するツールがあります。過去にはそれを数回運用してバックアップは取ってあります。しかしファンのみ公開や一旦公開したものの後にフォルダごとまとめて非公開に変更した記事もかなりあり、それらは一旦可視状態にして再度ツールを使うか、手動で表示させて1ページ毎保存するしかありません。いずれにしても面倒なことです。

先ほど自分の記事を編集しようと開いたところ、国土地理院の旧来版の埋め込み地図もサービスを終了し表示されなくなっていることに気付きました。このように外部サイトは機嫌良く機能してくれている間はいいけど、いつの日かサービスが終了し旧来のURLはリダイレクト処理もしてくれなくなるのが本当に残念なことです。これがあるから記事を構成するパーツは、できるだけ外部サイト依存ではなく自前のデータで成り立つようにしないと、期間が経つほどまともに表示しなくなるコンテンツが増殖してしまいます。

結果として、今、キチンと動作し意図した通りの表示を与えてくれるネット上のデータを構築しても、それが未来永劫続くことはあり得ないこととなります。電子書籍が持て囃されつつも紙媒体を駆逐し主役の座に立つことができないのはその辺りにあるのでしょう。だって、代価を支払ってダウンロードした書籍もスマホを池ポチャすればそれだけでおじゃんです。紙に印刷した本なら池に落としても丁寧に乾かせばまだ何とかなります。私ももう少しアナログに還った方が良いのかも。もっともSNSが主流な中、未だホームページで記事制作するだけで充分にアナログですが…

(完全なお知らせ履歴は こちら

総合アクセス数  本日:本日のアクセス数  昨日:昨日のアクセス数

サイト内検索はこちら 動作が不安定です。ご了承ください。


コンセプト / プロフィール / 運用ポリシー / 用語集 / FAQ / 守って頂きたいこと / リンク集 / お問い合わせ