宇部丸山ダム・取水口【1】

インデックスに戻る

現地踏査日:2012/8/31
      2012/9/23
記事公開日:2012/10/3
(「宇部丸山ダム・取水口」の続き)

8月最後の日、仕事が終わると久しぶり出歩きたくなって車を北に走らせていた。日中の時間が取れないこともなかったのだが、期間限定の仕事が忙しくてご無沙汰していた。
成果の有無は別として何となく丸山ダムを訪れていた。9月からは通常業務に戻り、また自分の時間が戻ってくる。記事制作に向かうテンションを高揚させるために身体が勝手に反応したようだ。

丸山ダムでは堰堤左岸近くにある”傾いた空きスペース”に車を停めて歩き回り、馴染みの景色をしばし眺めた。成果を期待しなかった通り、本当にこれといった成果は何もなかった…^^;
水質浄化装置の噴き上げる様子が眺められた程度

一応、ダム右岸まで向かった。そのときに写したショットである。
前述記事を公開するにあたって桟橋の反対側からズームした写真が少ないことに気付き撮影したのである。しかし現地を訪れた時間が遅かった上に西日の影響もあって巧く撮れなかった。


取水塔へ向かう桟橋は相変わらず門扉で閉ざされており、季節柄草木が伸び放題だったこと以外は今までと何ら変わりはなかった。


今まで何度か訪れているものの、この門扉が閉め忘れられていたのを観たことがない。
いつ来ようがネットフェンス門扉の網目から覗き見るだけである。


何とか別の近いアングルから撮ることはできないだろうか…と思った。

太陽光発電設備の記事向けに追加の写真を撮影したとき、湖底に向かうケーブルの行方を追ってインバータ室の裏手から汀まで降りた。このときもし可能なら、汀を平行移動することで取水塔の見える場所まで近づけないか考えていた。

しかし護岸に枯れ木が積もっていて乗り越えるのに困難だし、その先も半島部分の斜面が急でとても汀に沿っての移動できる状況ではなかった。


やはり無理だ。
どうしても近くから取水塔を撮影するなら、
湖上にボートでも浮かべなければ無理だろう…

ここまでが8月末までの状況だった。

9月の下旬に再び丸山ダムを訪れ、今までにないほど水位が低下していることに気付いた。特にかつて工事車両が往来できる程度の勾配だった工事用道路の痕跡部分では目に見えて喫水線の後退が分かった。


ダム湖の水位低下進行は工業用水・一般家庭の節水という脅威に加えて、必然的に水質自体の悪化をもたらす。しかし恐らく殆ど唯一の些末なメリットとして、ダム湖の水位が下がれば湛水前の古い地形など今まで観られなかった部分が具に観察できる。今まで到達できなかった場所も足を濡らさず行けるようになるかも知れない。
取水塔を撮影できるアングルが見つかるのでは…
工事用道路の痕跡箇所を撮影後、車を右岸に回した。
そしてここからが今回の「物語」の始まりとなる…^^;

---

例によって、車は取水塔の桟橋手前にある分岐点に停めていた。そこからまずは堰堤に引き返す方向へ管理道を歩いた。どんなに水位が下がろうが、桟橋のある場所は酷い藪な上に管理道からの高低差が大きく近寄れないのを知っていた。

買電・売電のメータ機器が設置されているあの建屋の近くである。
ここで管理道は入り江を巻くように大きくカーブしている。


木々の間から微かに取水塔が見えていた。
明るさの差がきつい。取水塔をフォーカスすれば周囲が真っ暗になる。


カメラを構える前からこの入り江部分の状況に気付いていた。
ん?
この場所なら降りられるのでは…?


写真では木々の枝に遮られて分かりづらいが、湾曲した入り江部分は土砂が流れ込みやすいからか両側の半島部分に近いところまで砂地になっていた。

木の枝をかき分けるようにズーム撮影してみた。
砂地まで降りればより鮮明に撮れるだろう…


当然ながらこんな気持ちに傾きかけていた。
そんなに困難じゃなかったら、
汀まで降りて撮影したい。
条件が2つあった。
降りた先は砂地だから足元は大丈夫として、困難なく降りられる斜面があるかということと、草木の勢いが衰えたとは言えない今の時期に藪漕ぎをこなす覚悟があるかだ。
物理的には撮影位置からガードレールを越えて踏み込めば話は早い。絶対に降りられるし戻っても来れる。

しかしまずは労力が少なく安全に降りられそうな場所を探しにかかった。


水神社の裏手まで丹念に探ったが、斜面を降りられそうな場所が見あたらなかった。
この辺りは木々の密集度が極めて高く、湖面すら眺められない。
ここが開けていれば太陽光パネルを最も近くに眺められる場所になると思う


取水塔からあまり離れると、汀へ降りたとしても水平移動の距離が長くなる。その途中で一箇所でも汀へ深く落ち込む急斜面などがあったら進攻不能になる。
それ故に可能な限り取水塔から近い場所をあたる必要があった。

再び水神社から引き返し、管理道の黄色いガードレールが始まる部分に着目した。


そこまでは擬木のコンクリート柱にチェーンを渡した簡素な柵で、ここからはガードレールになっていた。
その隙間が空いている。


仮に自分以外の誰か酔狂な人間が同様に入り江まで降りようとするなら、やはりこの場所に目がいくと思う。端っこの場所は目立つし、ガードレールが切れているなら最初に大股で跨がずに済むからだ。
特に竿やボックスで両手が塞がった釣り師なら柵の切れた場所を選ぶはずで、何人かでも続けざまに通るなら踏み跡が生じるものだ。
貯水率が低下してからダム湖の汀で頻繁にルアー釣り客を見るようになった

擬木の柵の手前から下を眺めてみた。
目立った踏み跡はまったくなかった。斜面には中程度の木々が生えていて、地面は枯れ葉と枯れ枝がもの凄い。


斜面はそれほど長くはないし、勾配も許容範囲だ。法尻はかなり幅のある砂地になっている。少なくとも足を滑らせようがいきなりダム湖へドボン☆!となる恐れはない。
いっちょ、やるか…
久しぶりと言うか、藪漕ぎ終了宣言した5月以来初めてとなる。

読者の中には藪の中で悪戦苦闘する姿が結構面白おかしくて期待していらっしゃる向きがあるかも知れない。もしかするとネタ狙いに格闘しているのかとも思われそうなので前もって言い訳しておくと、本音を言えば…できればやりたくない。

9月末なら藪の勢いは決して衰えておらず、とりわけ葉の裏にくっつく不快害虫が心配だ。毛虫の部類は下手をすると服にくっついたままアジトまでお持ち帰りしかねない。まあ、虫の付きやすい・付きにくい草木があって概ね頭に入ってはいるが、自分としては体感的に寒くなるまで藪漕ぎはしないのが常である。

しかし今回は近くから取水塔を眺めたいという本気度が上回った。最近、藪漕ぎしてでも到達したくなる熱い物件に接しておらず、ちょっと本気になってみたいというのもモチベーションにあった。
なんだか…やっぱりネタ狙い的要素は否めないような気も…^^;

少しばかり斜面を進んでみた。日当たりが悪い場所のせいか、枯れ木や枯れ草が殆どで厄介なイバラ類は見あたらなかった。体重を預けられる太さの木々も適度に存在し、難易度はそう高くはなかった。
デジカメはポケットに入れて撮影の都度立ち止まって取り出している


ジャンプして飛び降るような無謀な真似をしない限り、不安なく降りられるなら必ず登り直すことができる筈だ。一般には労力は要るものの斜面は下るより登る方が容易だ。登りは踏ん張って立ち止まることができるが、下りは足元が確りしていなければ滑り始めると制動できない場合がある。

足元には枯れ葉が積もっていて土の地面が見えない。不安定な落ち葉に体重を預けると滑りかねないので、体重はむしろ周囲の太い木の枝に預けて足を運ぶ感覚で降りた。

ところが…思いがけぬアクシデント。
イテェッ…(>_<);sweat
スニーカーの裏に何か尖ったものが刺さった。
すぐに足を引き上げて体重から開放した。


刺さったのは正体がよく分からない小動物の骨だった。猛禽類が野ネズミなどにありついて食べ散らかした痕跡のようだ。そんなものが散らばっているのも珍しいのに、その骨を尖った先から垂直に踏みつけたようである。こういうことも起きるのだ。さぞかしスニーカーは痛かったであろう…^^;

骨は結構厚みのあるスニーカーの裏へ深く突き刺さっていた。もっとも強く踏み抜く前に気付いてすぐ足を引き上げたので、靴の内部までは到達しなかった。ボロいサンダル履きだったらエライことになっていただろう。
いや…いくら何でもサンダル履きで藪漕ぎなどしないよ

斜面には管理道から投棄されたゴミが酷い。プラスチック類は踏むと滑りやすいので避けて極力自然の木の枝や枯れ葉の上を伝った。フワフワした感じの木ぎれは踏んで体重を移動するにも慎重を要した。

いよいよ見えてきた。
この勝負、もらったぜ!!
いや…もらうも何も…勝率がなければ最初っから挑まないものなのだが…^^;


あと少しと分かっていても決してピョンと飛び降りるような真似はしない。見た目は干上がっている砂地でも体重をかければどれほどハマるか分からないからだ。
立入禁止エリアではないが、丸山ダム湖の周辺には汀へ近づかないようにとの子供向け標示板(俗称「メタボくん看板」^^;)が設置されている。元々接近が推奨されない場所なら、ソッと近づいて「獲物を捕らえて」再び静かに退散するのが常道である。

法尻から汀までは10mくらいで、入り江の砂地は水上に現れてかなり時間が経っているらしかった。足元は若干湿潤しているだけでしっかり体重を支えてくれた。

取水塔の見えるその場所は、意外なほど平坦で遠浅に見える砂地だった。
8月末に来たときはこの場所は水面下だった筈だ。


汀まで接近する。見たところは遠浅な入り江のようにも思われた。
桟橋の中ほどあたりまで来ていることになる。

さて、パシパシ撮るぞ!
いの一番に撮影したい取水塔のよく見える場所へ接近した。

(「宇部丸山ダム・取水口【2】」へ続く)

ホームに戻る