低水位の小野湖・小野地区第三次踏査【3】

インデックスに戻る

(「低水位の小野湖・小野地区第三次踏査【2】」の続き)

時系列へ戻って、小島から小野湖側の到達できる端まで歩いた。
一面に礫石混じりの土砂だが、この辺りとて土取りで改変されているかも知れない。


岬に相当する部分の地質。
海岸の岸辺とは完全に異なっている。常盤池の低水位踏査でも見られたのと同様な粘土主体である。


裏側から撮影した小島と小々島。
このショットはそうそう頻繁に撮れるものではないので、光量調整を一段階強めたものも撮影しておいた。
マイナス3分の2補正の画像はこちら


南の端である。前回撮影時には白トビしてしまった場所だ。
軽く浸っていた礫石が更に広範囲に現れていて水位が十数センチくらい下がっていることが分かる。


最後に、未だ征服していない小々島に登ってみた。
大きい方の小島には前回の踏査で征服し島の中央に空き缶を立てておいたのだった。


周囲は恐らく10mにも満たない。ここだけ堅い岩が残ったようで殆ど垂直に切り立っていて湖底からの高低差は私の背丈くらいだ。それでも植物の生命力たるや相当なもので、こんな狭い岩場へしがみつくように樹木が生い茂っていた。

登頂完了。木の枝を頼りによじ登ってものの数秒で征服できた。
一面灌木と雑草で人工物は何もなかった。


大きい方の小島には登らなかった。経年変化で小々島よりは周囲の礫石は傾斜しているが、びっしり灌木が生い茂っていて潜入しようという気も起こらない程なので。


ここまで撮影して車へ戻り、少し車を移動した。
【 雑佐川河口部 】
国道側から小島を撮影するために歩いたとき、道路沿いに別の駐車可能なスペースがあることに気づいていた。


殆ど距離はないがここまで車を移動しもう少し周辺を撮影することに。
車を停めた場所を航空映像で示す。[1]


同じく昭和49年度版の航空映像と対比すると分かるように、国道より内陸部側に生じている三日月状の余剰地は護岸以前は岸辺だった。2013年5月採取の Google ストリートビューでは草地として写っている[2]ので、近年舗装整備されたようだ。

この余剰地へ車を停めて国道沿いに歩いた。
最初に車を走らせたとき小島の手前に湖底の見える部分があり、何かあるかも知れないと思ったからだ。


この辺りから入江が狭まっている。水位の低い今は川の一部となっているようだ。


実際ここは川の注ぎ口となっていて、付け替えられた国道は新雑佐川橋で横切っていた。
川と橋の名前を調べるのも目的にあった

橋を渡った先から入江を撮影。
小野湖以前から川だったようで人工物は何も見られなかった。


低水位踏査からは離れるが、この道路沿いに以前から気になっているものがあった。
ボートを降ろす斜路と、養魚池のようなものである。


地図では水産大学校の実験実習場となっている。小野の町並みを通る旧道時代は逆方向から見えていた。奇妙な形をした池の存在が気になっていた。
金網が掛けられた本当に養魚場のように見えるプールもあったが、今回の低水位踏査とは無関係なので追及しないこととして…

来た道を引き返す。
国道から眺めるだけで充分だ。特に何も変わったものは見られなかったので。


ちなみにこの駐車スペースの前にも湖底へ降りられる階段があった。
目を惹く遺構がないからか降りる人は居ないらしい。階段が草ぼうぼうになっていた。


ここまでを撮影して小野地区を後にし一の坂へ向かった。
一の坂では市道一の坂黒瀬線を辿る前回と同じ踏査を行ったが、記事化するかまだ決めていない。作成しなかったときのことを考えて、その後の動向をここで書いておく。
《 その後の変化 》
27日は一の坂の撮影を終えると午後1時だった。その足で隣町バドへ行ってきた。帰りの午後5時過ぎまでは雨が降らなかった。
週間予報通り28日は朝から雨だった。特に昼過ぎからはかなり激しく降った。市街部でもそうだったので山間部の降雨は相当なものだったらしい。この降雨だけで小野湖の水位はごく短時間で私の背丈ほど上昇している。[3]雨が止んだ後も時間差によって流入する雨水で水位は上昇し続け、最終的に2m以上も上がっている。この回復速度の激しさは小野湖が満水位だったら洪水レベルだろう。

この記事を作成する9月4日現在、台風12号の直撃が見込まれている。週明け月曜日の5日は相当な雨となり、厚東川ダムは今度はゲート操作が必要になることだろう。
出典および編集追記:

1. 地図モードではこの場所は小野湖の内部として描かれ国道は蛇行しているが、些か地図が粗雑で実際は直線路である。
護岸施工前の古い地図データを元に国道を描き込んだためだろう

2. Googleストリートビューの現地の映像 参照。

3.「FB|低水位踏査の極意(2016/8/29)(要ログイン)

ホームに戻る