俵田翁記念体育館・改修工事

恩田運動公園インデックスに戻る

記事作成日:2018/6/5
最終編集日:2018/12/23
ここでは、恩田町4丁目にある恩田運動公園俵田翁記念体育館について、2018年度より始まった改修工事の変化を追って時系列で記述する。
《 改修の概要 》
総括記事でも書いているように、俵田体育館は昭和37年の竣工で既に半世紀が経過している。近年の改修工事としては、2度目の山口国体が開催されることとなった2011年に先立ち、国体出場選手の強化練習の場も兼ねてシャワー室などが追加設置されている。ただし当時は公共施設の耐震補強についてそれほど重要視されていなかった。

今回の改修工事は過去最大規模で、竣工まで2年間が予定されている。具体的な手法は明らかではないが、解体した後新規に建て直すのではなく、既存の主構造を補強し、著しく老朽化した外壁やダクト類は取り替えるようである。公式ページでは改修工事期間中は施設の利用ができないことが案内されている。[a1]

現時点では体育館全体が防音フェンスで包まれ外部からは工事の様子が見えない。以下、変化があったときの様子を写真と共に記録するが、この過程で改修範囲や手法が上記と異なっていたことが判明次第、その部分を修正する。継続監視物件としてこの方面を訪れたときは可能な限り変化を記録し、記事も継続記事として工事が竣工するまで順次編集追記する。なお、当該施設を管理する指定管理者の公益財団法人 宇部市体育協会のFBアカウントからも逐次レポートされている。詳細は末尾の関連記事リンクを参照。
《 工事進捗状況 》
不定期に現場を訪れ、前回訪問時と比べて顕著な変化がみられたときのみ記述する。外部から観察できる変化は限定されると思われるが、もし観測頻度が多くなったら以下に項目とリンクのみ配置して別ファイルへ移動する。
【 5月1日 】
新年度入りした2018年4月2日より工事が始まった。その約1ヶ月後の訪問である。
高さ3m程度ある目隠しフェンスが設置され、俵田体育館全体が工事区域となった。


東側の区画へ移動している。
本館横の駐車スペースもフェンスで仕切られていた。


フェンスの隙間から覗いたところ。
重機と搬出用のトラックが置かれているだけで目立った変化は無い。


市道野原線側へ移動した。
こちら側は建物と道路の間に余裕がないせいかフェンスが張られていなかった。


外壁の一部の斫りが始まっていた。
斫られた壁からは地下室部分が見えていた。


ここで初めて俵田体育館に地下室が存在していたことを知った。[a2]
他の壁も斫り対象となっているらしく、赤ペンキでマーキングが施されていた。
建物の東側のフェンス内側は現場ハウスが据えられていた。


連休中であったたため現場は動いていなかった。
【 6月3日 】
常盤公園へ向かう途中に立ち寄って撮影。
最上階まで仮設足場が組まれ、飛散防止シートが被せられていた。


また、フェンスが建てられていなかった市道野原線側にも設置されていた。
【 7月7日 】
台風7号をやり過ごした後の2日連続の大雨で常盤池を視察に行き、その帰りに立ち寄り撮影。
工事の進捗状況に大きな変化は見られないが、飛散防止シートが風で大きくめくれていた。


外壁は一番上まで仮設足場が組まれているのが見えた。


外部から窺えるそれ以外の大きな変化はなかった。
【 12月2日 】
その後8月から11月にかけて日を変えて3度訪れたものの、外壁全体がカバーで覆われているため外からでは何も変化が認められなかった。
写真は11月の撮影


12月2日は恩田運動公園の改修計画について意見を出し合うワークショップの第2回開催日だった。会合の後で担当者に恩田プールの視察と撮影について承諾を受けた。このとき俵田翁記念体育館内部の工事進捗状況についても打診したのだが、工事現場という扱いであり、プールとは違って安全面に問題が起きることが懸念されるため難色を示された。

改修工事がある程度進み外部から見て分かる程度になるには相当の期間がかかると思われる。引き続き継続監視対象物件とするも今後は観察頻度を下げて様子見する。
公益財団法人 宇部市体育協会のFBアカウントから俵田体育館改修工事の進捗状況が逐一報告されている。以下に該当記事のリンクを掲載する。なお、記事は上から最新日時順となっている。外部公開になっているのでFBへのログイン無しに閲覧可能である。
外部リンク: FBページ|館外の仮設足場設置(2018/5/15)

外部リンク: FBページ|館内の仮設足場設置(2018/4/10)

外部リンク: FBページ|館内の用具類搬出(2018/4/6)

外部リンク: FBページ|耐震化工事開始(2018/4/4)
出典および編集追記:

a1.「宇部市|俵田翁記念体育館

a2. FBページで投稿を行ったところ投票箱が格納されているといった報告を得ている。俵田体育館は工事前までは投票の最終集計を行う場となっていた。

ホームに戻る