昭和開作記念碑

インデックスに戻る

記事作成日:2015/1/11
最終編集日:2018/11/27
注意この物件は現地踏査に関しての問題(不法侵入)が起こり得ます。詳細は該当項目をお読みください。

昭和開作記念碑とは、栄川と玉川の合流する河口部付近に設置された昭和開作の竣工を記念して設置された石碑である。
写真は石碑の南側からの撮影。


石碑の位置図を示す。


後述するように、記事制作現在においてこの記念碑は一般の立入が禁止されている区域内にある。当サイトのポリシー規定に則ればこのような物件を記事化すべきではないのだが、石碑の歴史的価値および重要性に鑑みて自己責任において記事化している。
本件については末尾に詳細を述べる
《 アクセス 》
西海岸通り(市道助田平原線)が栄川を渡る場所から東岸に沿って下る。この道は市道東汐土手線である。
栄川第1踏切を渡る。


踏切を渡って栄川の護岸沿いに進むと漁港の入口へ到達する。


この場所は市道東汐土手線の起点で、ゲートから内側は漁港の敷地になる。この市道は起点に到達するには自身の経路を通る以外他に道がない設定のされ方となっている。詳細は以下の記事での公開を予定している。
派生記事: 市道東汐土手線
付近には宇部興産(株)による工業用水管も敷設されているため、宇部興産と藤曲浦漁業協同組合の併記による立入禁止看板が設置されている。ただし漁港関係者の通行の便宜をはかるため高潮時以外防潮ゲートは常時開いていてロープも張られていない。

防潮ゲートから漁港の構内を撮影している。
漁業関係者の車が数台停まっていてその奥にかなり背の高い石碑がここからでも見える。


結論から言って石碑に接近するにはこの漁港内を通って行く以外ない。それ故に議論の余地はあると思うがそのまま進攻する。本件については末尾に書いた。
派生記事: 現地の立入禁止措置について
漁業関係者の駐車場となっている場所を横切るとコンクリート床版の橋に出会う。その手前には市道の起点よりも大きく明瞭な立入禁止の看板がでている。ここで横切るのは玉川の河口部付近である。
漁業関係者が通らないときは橋の前にロープが張られ立入禁止プレートがぶら下がっていることもある


橋を渡った先の角地に昭和開作の竣工記念碑が建っている。
この先も漁港構内で同様の立入禁止看板が設置されている。有刺鉄線フェンスの内側は協和発酵の敷地である。


反対側から撮影。
漁港に隣接して関係者と思われる家屋が並ぶ。周囲に高い建物はなく姿を見つけられやすいという要素は確かにある。


曜日を問わず日中は構内に出入りする関係者の姿は意外に多い。漁船や漁具の整備や手入れのためであろうが、よほど危険な場所へ接近でもしていない限り注意を受けることはないと思われる。特にこの石碑まで到達して写真を撮っているなら何のために進入しているかは自明なので誰何されることはないだろう。

順光になるよう立ち位置を変えて撮影。
比較対照となるものがないので分かりづらいが高さは5m以上ある大きな石碑だ。上部構造から石灯籠もしくは灯台と言って良いのかも知れない。


正面には献の文字。
その上には沖の字を象ったロゴのようなものが彫り込まれている。沖ノ山炭鉱関連のものだろう。
ロゴ部分のズーム映像はこちら


石碑とは言ってもただの柱状ではなく上部は完全な石灯籠の構造を備えている。
火袋に相当する造りも大きい。


宝珠も備える本格的な石灯籠だ。
笠の部分は後から載せたような造りに見えるが詳細は分からない。
この撮影時には左端に見える碍子に気付いていなかった


巨大な石碑なので台座部分も大きい。
四方から装飾的に削られた花崗岩で支え、四隅には更に大きな石材を配している。


斜め後ろからの撮影。側面には何も彫られていなかった。
すぐ後ろは協和発酵の敷地を囲うフェンスがあるので充分な距離を確保できなかった。[2013/9/24]


石碑の裏側には昭和開作竣功記念の文字、その左側に昭和十二年二月と陽刻されている。[2013/9/24]
この部分の拡大写真について…上半分下半分


石碑の背面に刻まれたこの年月について疑義が差し挟まれている。書籍[3]によれば、昭和開作の竣工は昭和三年十二月二十日とされている。沖ノ山炭鉱が昭和開作を事業地として買収したのは昭和十二年八月であり、石碑の年月はどれとも一致しない。何故このような状況になっているのか明らかではないが、この付近は沖ノ山炭鉱の炭層が続いていることが分かっていて多くの炭鉱業界が渇望し埋め立て申請が大正期から相次いでいた。この地を干拓した主な目的も現代のような工業用地の確保ではなく石炭の採取であった。潮止が完了してからの採掘開始と完了、事業地としての取得という時間差に依るものではないだろうか。

年月の刻まれた部分は一部が大きく破損している。
これもまた謎めいている。


これほど大きな柱状の石材でこの部分が欠けることは通常考えられない。干拓記念という石碑の性格からしても例えば白岩公園の忠魂碑のように意図的な破壊を招くような要素がなく、後年の台風による倒壊か戦時期の工場被災による爆発の影響で欠けたのではとも思われる。

背面の台座部分に昭和開作に携わった人々の名前がみられる。
一番低い位置の台座に彫り込まれているので撮影するには地面すれすれにカメラを構えねばならずかなり苦労した。


秋富久太郎渡邊祐策といった錚々たるメンバーの名前が見える。
そういう意味で昭和開作の竣功記念碑は貴重な歴史の証人なのである。


文字の彫りは浅くはないが一部で石材から出た灰分が流れて不鮮明になっていた。持ち帰った映像データを読み取れなかったらまた撮りに来なければならないので、文字の部分だけ2分割で撮影しておいた。
詳細な2分割写真はこちら→左半分右半分

帰り際に再度石碑の上部を撮影しているとき、石灯籠の中台の端に碍子らしきものが乗っていることに気付いた。


高い場所にあるのでどうなっているかは分からない。
電線がこの石灯籠に伸びていて中台に乗っている碍子のようなものに結わえ付けられていた。


石灯籠は通常、四角や丸、三日月といった窓の構造をもっている。この石灯籠部分はどの方向も開口部が大きな正方形だった。この形状と電線の存在から、もしかするとかつて往来する船の便宜を図るために火袋に電球を置いて点灯させていた時期があるのかも知れない。

必要充分と思われる写真を採取したし、こうしてネット上へ掲載できたので一応はこれで足りる。しかし個人的にはこの石碑について更に詳細を調べたい場合は現地の状況を知りつつも自己責任において再訪を考えている。本件については後続の項目を参照。
《 現地の立入禁止措置について 》
情報以下の記述には個人的見解が含まれます。

現地には昭和開作の石碑一基があるのみだ。他に特筆すべき遺構はなく記事を読んで訪問者が押し寄せる状況はあり得ないので明言すると、個人的見解として各自が自己責任でこの石碑の見学のみを目的に立ち入るのは問題ないと考えている。それ故に自身も立入禁止と分かっていながら進攻して撮影してきたのである。

正式には藤曲浦漁業協同組合の事務所を訪ねて「立入禁止の表示が出ている区域に昭和開作の記念碑があるようなので観たいのだが敷地に入ってもよろしいか」と伺いを立てるべきだろうか。そこまで必要とは思わない。立入禁止のための厳重な措置が施されているわけではなく、目の前にあって数十歩ほど歩けば到達できる石碑一つ観るのに事務所にお伺いを立てるなど愚かな話である。そこへ行くだけの理由があって現に歩いていける状態になっているのだから、誰の手も煩わせることなく観に行けば良いというのが私の考えだ。

経路としては漁港内を通る以外ないことは調査済みである。石碑から奥は協和発酵の敷地で、完全に有刺鉄線付きのフェンスが張り巡らされている。協和発酵の敷地内は厳密な関係者以外立入禁止体制になっており、一般の来訪者はかならず門衛を通すことが求められている。[1]このフェンスを越えるなどすれば間違いなく警察沙汰になる。

防潮ゲートのところに立入禁止の掲示が出ていることについてはやむを得ない要素もある。漁港は海に面していて柵がないので、子どもが入り込み遊んでいて転落する危険がある。事故が起きれば漁業協同組合側の管理責任が問われるのが常だ。外部から釣り客が入って岸壁に釣り道具を拡げられれば、漁師の作業の邪魔になる。外部車両の進攻を許せば不法投棄のターゲットにもされてしまう。しかし漁師の出入りが頻繁なので、防潮ゲートを閉めたりロープを張ったりはできない。そのため物理的には出入りできる状況にありながら形式的に一般の立入禁止掲示が掲示された中途半端な状況になっている。

実のところ歴史的価値の高い遺構ながら社有地であることを理由に一般の立ち入りが出来ない場所は他にもある。[2]その大半は公地から遠く離れていたり工場内の危険な場所にあり一般公開が困難なことが理由とされる。
この漁港の場合は認定市道の起点から近く、考えられる危険は海への転落程度である。それを問題視するなら現状車でも自由に出入りできる港町埠頭などは全部フェンスで囲わなければならないだろう。

石碑を観たい人々にとって現状はベストとは言い難い。原則的に立入禁止としつつも「昭和開作記念碑 20m先」と事務的に表示すれば暗黙に石碑見学を許容することとなり来訪者も安心できるのである。たとえ石碑見学目的だろうが関係のない人間を絶対に漁港内へ立ち入らせたくないのなら、いっそのこと石碑自体を誰でも観に行ける公地[4]へ移設し、元石碑があった場所のみ掲示物で案内すれば良いとすら考える。オリジナルの設置位置は失われるにしろ、そもそも現物がありながら一般人が自由に観ることのできない史跡など、はじめから存在していないも同然と考える。現存するすべての史料は、一般人が容易に観察できる環境を与えられることではじめて歴史的遺構としての価値を持つ。

この場所は立入禁止の理由が存在するだけまだ相対的に妥当である。まったく安全な場所や道まで関係者以外立入禁止にされる事例は近年むしろ増えており、[5] 対応に苦慮している。この立入禁止看板のせいで、せっかくの地元の郷土資産に接する機会を排除し、興味を持つ来訪者を無碍に追い返している現状は勿体ないことである。

最後にこういった背景を理解した上で実際に石碑見学を目的に現地へ行こうと考えている読者に対して。

漁港入口に誰でも分かる形で立入禁止の表示が出ている以上、現地へ進攻する途中で関係者に誰何される可能性はある。不法投棄に悩まされている関係者なら「立入禁止の札が出ているのに日本語が読めないのか?」程度は言われるかも知れない。仮にそうなった場合、立入禁止を知って進攻したのか否かについての弁明はそれほど重要ではない。この先にある石碑をどうしても観たかったというのは充分に正当な理由であるし、少なくとも一個人の庭先への侵入とは違う。冒頭に記述したように形式上は不法侵入だが、ご免なさいで済む問題である。特に徒歩や自転車の場合は不法投棄目的でないことは自明なので、立入禁止を知っていたけど進攻しましたと答えて構わない。進攻の理由として石碑の見学が目的であること、そのために漁港内を通る以外方法がないことを告げれば十分である。
その場合でも「立入禁止だからダメだ」と強硬に主張されたなら見学を諦めて退出する以外ない

誰も居ない状況で進攻する場合、関係者に誰何される状況を想定して余計な疑念を抱かせない振る舞いが必須である。漁港内に置かれている漁具や船などに近づけば、悪さを企てているのではと考えて呼び止められるだろう。たとえ防潮ゲート前にロープが張られていなくとも車での進入は自重すべきである。不法投棄の場所探しをしているのではと疑われかねない。
それから周囲に子どもの姿がないかも確認しておきたい。大人が自転車で乗り入れる姿を見れば子どもも真似するかも知れない。自転車は市道側へ停め置き歩いて行く方が良い。徒歩で進攻する分については子どもなら外部の人間が関係者か見分けがつかないだろう。

なお、漁港入口部分の立入禁止看板が書き換えられるなど現地に変化が起きたなら追記の形で案内する。看板そのものが撤去されて自由な見学が許容される状況になったら上記の立入禁止措置の項目は削除する。
【 近年の状況 】
現地訪問のもっとも最近の事例は2017年10月で、記事コラム候補向けの写真の再撮影目的で訪れている。この時点では未だに立入禁止の案内はそのままであった。

理知的に考えるならば、この掲示は構内で遊び回って怪我をしたり釣りなどで溺れるなどの事件が起きたときの責任問題を回避するために過ぎず、同敷地内にあるこの石碑の観覧や撮影まで制限する意図はないと思われる。たとえ現地へ入っていても石碑の写真を撮っているところを目撃されただけなら充分に説明がつく。仮に現地へ行こうとしているとき誰何されても「石碑の写真を撮りたいので」と答えれば良いのである。立入禁止の掲示があるからと言って史跡の撮影まで制限される謂われは何もなく、個人的判断ではあるが今後は立入禁止であることを認識しつつも必要に応じて随時現地へ赴いて調査や再撮影を行う。また、現地へ行ってこの石碑を観たいと思われる方は、入口の掲示にかかわらずその目的においてのみ同様に振る舞っても問題ないと案内しておく。

それにしても「絶対に侵してはならない立入禁止」と「状況によっては無視して良い立入禁止」が混在する現状はまったく良くないことである。近年、深慮もなく設置され乱立が酷い関係者以外立入禁止の掲示があまりにも目立つが故に苦言を呈すると共に、今後どのようにあるべきかについて提言を書いた。詳細は以下を参照されたい。
総括記事: 意見・提言|誤解を招く種の立入禁止掲示の撤去
一般にはいくら立入禁止の掲示が出ていようが、容易に跨ぎ越せるロープ一本張った程度では侵入拒絶主張は限りなく弱いと考えられる。
《 個人的関わり 》
初めてこの石碑を訪れたのは2010年のことであった。市道東汐土手線のもっとも古い写真の日付と一致することから、恐らく書籍[3]により開作記念碑の存在を知って訪れたと思う。
出典および編集追記:

1. 2013年6月頃に協和発酵の敷地内にある爆撃跡や神社の見学について門衛を訪れたことがある。個人的な見学要請には応じていない、団体での見学は社内協議により可能かも知れないが、その場合も場内見学時の写真撮影はいっさい認められないという回答を得ている。
2015年に同社の薬学関連の講座に参加したことがあるが、このときも工場内部はもちろん構内のいかなる場所での撮影も禁止されていた。

2. たとえば宇部興産(株)機械の敷地内にある沖ノ山鉱排気竪坑は登録有形文化財(第35-0008号)かつ近代化産業遺産でありながら関係者以外の自由な立ち入りが出来ない場所にあるため観光資源として充分に生かし切れていない現状がある。

3.「なつかしい藤山」p.42, 47 など。
p.114には竣工記念碑の写真が掲載されており、かつては一般人も問題なく現地を訪ることができた場所とも想像される。現地の状況を考慮したのか、藤山ふれあいセンターで入手可能な「藤山史跡まっぷ」には昭和開作記念碑は記載されていない。

4. 昭和開作記念碑の設置されている場所は県の公有地である。フェンスに近い側の礎石の端に山口県の銘があるコンクリート境界杭が設置されていた。フェンス等により外部の公地に繋がらない実質的な囲繞地になっているのかも知れない。石碑の設置位置は昭和開作の東の端であり、漁港構内は車海老の養殖目的で大正期に竣功していた秋富開作の一部である。

5. 例えば馬の背下池の堰堤へ降りる山道付近に中国電力の設置した標識、その先の霜降山登山道トンネルコースの入口に設置された標識がある。いずれも元々は誰でも通れる溜め池への道や登山道であった。私企業が自費で周辺を整備したことは評価するにせよ、それを理由に恣意的な立入禁止措置を施し一般の通行を排除するのは如何にも身勝手と思うのだが如何だろうか。

ホームに戻る