市道常盤公園開片倉線・横話【3】

市道インデックスに戻る

(「市道常盤公園開片倉線・横話【2】」の続き)

《 宇部常盤台郵便局 》
現地撮影日:2014/9/27
記事公開日:2014/9/28
情報この記事は現行の宇部常盤台郵便局について記述しています。
かつて市道楢原線沿いに存在していた旧宇部常盤台郵便局については こちら を参照してください。

宇部常盤台(ときわだい)郵便局は、常盤台2丁目に存在する特定郵便局である。


位置図を示す。


郵便局を示す表示塔。
下の方に車が当てた傷がある以外、かなり新しいように見える。


車道まで出て全体像を撮影することもないだろう…路側から撮影している。


それというのも常盤台郵便局はこの場所へ移転して歴史は浅いからだ。再び別の場所へ移転したり名称が変わってしまう可能性は限りなく小さい。以前はここよりもう少し北側、市道楢原線起点から下った右側にあった。それほど広くない道路の横にあったので、郵便局を示す〒マークだけが本路線から見えていた。

本路線沿いの分かりやすい場所へ移転して駐車場も専用スペースが設けられた。
個人的には移転後この郵便局に訪れたのは一度あるかないか位である。ATMを使って預金を下ろしたのは覚えている。自分で車を運転するようになってから今の局舎も旧局舎も訪れた記憶があるので、移転は今から十数年前だったかも知れない。
《 宇部高専白鳥寮前にあった非常識な看板 》
現地撮影日:2016/1/10
記事公開日:2016/1/25
情報以下の項目は、今後の状況推移によっては削除される場合があります。

ハッキリ書く。これはある意味、告発ネタである。
現状何らの事後報告もなく、うるさく言われたから片付けたと言わんばかりの雑な対処であれば、教育機関たるものそんなことをやっていたのかという事実を表に出さざるを得ない。

本路線は宇部高専白鳥寮に面している。白鳥寮の門から野中五差路寄りのフェンスに、かつてタバコのポイ捨てに対する注意喚起のこんな看板が掲げられていた。


この掲示物があった位置を地図で示す。


かなり大判で背景が真っ赤なこともありとてもよく目立つ。この道を往来なさっている方でお気づきの方は少なくないと思う。

正面からの撮影。
さて、あなたはこの看板をみてどのように感じるだろうか。


訴えている内容は至極まっとうなもので、その点についてだけは完全に同意する。ただし…いくら表現は自由だと言われてもこういった手法での表現が果たしてどれほど正当性を主張できるものかといいたいのである。軽い気持ちで眺めれば、面白い看板と感じるだろう。宇部高専白鳥寮という記載からすれば、寮生による作品と思われる。若年者による環境美化を訴えるための自主的制作・設置と考えれば、むしろこの看板の一体何が問題なの?という意見もあるかも知れない。

では、逆に私から尋ねてみたいのだが…
タバコをポイ捨てする役割として描かれているこの少年は誰?


殆どテレビを視ない私ですら知っているあの人気アニメの未成年の登場人物である。いくら「そんな積もりで描いたのではない」と言い張ろうと、類似性からすれば(去年話題になった五輪ロゴの例と同様に)完全にクロだ。わざわざ目線を重ね書きしたのは、そういったイメージを和らげる積もりだったのかも知れないが、傍目にはむしろ犯罪者特有の目線としか思えない。この種の人物を描く行為自体に著作権云々が厳しく問われることもないだろうが、ネガティヴな役割を演じる人物としての描写はさすがに問題アリと言わざるを得まい。

断っておくことにこの看板は既に存在しない。高専宛てに後述するような苦情メールを送信した翌週の17日には撤去されていたという。[1]

私がこの看板を撮影したのは10日のことだった。黒岩観音方面である種の調査を行った帰り道である。普段なら通らない道だが、恩田方面へ買い物してから帰る積もりだったため、開から本路線を自転車で通ったのである。
この看板は最近設置されたものではなく、既に4〜5年が経過していることが分かっている。初めて本路線を道路レポート向けに自転車で走った2009年の撮影画像にもそれらしき看板が見えている。
ただしあまりにも遠い場所からの撮影のためこの看板とは断定できなかった

最初、この画像をFBの自己タイムラインへ限定公開で載せた。ところが公開した範囲での多くの閲覧者が不快感を表明し、中には教育機関たる高専の良識を疑うという学校関係者からの非難もあった。一連の反応が出るよりも前にこの問題は看過しておかない方が良いと判断し、15日付けで高専の総務係へ画像を添えて情報を流した。以下が送信した全文である。
お世話になります。
一市民として、看過したくない看板がありますのでご報告いたします。

宇部高専白鳥寮の前面道路に面したフェンスに、国民によく知られたキャラクタ(ドラえもんののび太)が喫煙しタバコをポイ捨てしている様子をモチーフにしたゴミ捨て禁止を呼びかける看板が設置されています。【写真】

これは一体どういうことでしょうか?
学生が自主的に設置したものでしょうか。以下の面において不適切であり、大変に不愉快です。如何お考えでしょうか。

(1) そもそも、タバコは一般ゴミではない。(「ゴミを投げ捨てる人を見た時。」の題材に一致しない)
(2) のび太はドラえもんに登場する国民的キャラクタである。看板としての使用許諾を得ているのかといった問題がある。
(3) のび太は仮想上のキャラクタながら明白に未成年である。ポイ捨ての注意喚起というよりは、題材にされることにより未成年の喫煙およびポイ捨てを容認しているのかとも取れる。
(4) ドラえもんは子どもに夢を与える漫画であり、その登場人物に未成年の喫煙やポイ捨てといった悪行をさせることについて子どもへの悪影響がある。(目線を上書きされているのは犯罪者扱い同然の描き方)
(5) 学内に属するフェンスとは言え、見られるのは明白に公道を通行する人である。宇部高専白鳥寮の銘まで入っており、このような看板の設置はわざわざ宇部高専に対するネガティヴな印象を植え付けているも同然とも言える。

題材としては分かりやすく面白い作品とも言えますし、学生の自主的な設置かも知れませんが、このような看板の設置に関しては管理者側がもう少し注意を払うべき問題であります。恐らく既に同種の苦情が寄せられていると思われますが、善処をよろしくお願いします。
この情報提示に対する高専側の反応は、週明けの17日に問題となったこの看板を片付けるだけというものだった。この項目を作成する現在においても返信はなく、恐らくその積もりもないようである。高専がどのように判断した上で看板を撤去したのかが分からない。「撤去することで善処に代えた」という見方はできるが、現状では「言われたから取りあえず対処した」だけであり、後々の批判をかわすための証拠隠滅と取られても致し方ない。

看板の意図は確かに面白い。まして寮に居る学生が自主設置したものなら、そう目くじらを立てることもないだろう。ただし高専側は現にこの看板を撤去している。それは問題があると判断したからと考えられる。では、それほど問題あると判断したものを今の今まで数年間も認識することなく放置していたのか、一体どういった管理をなさっているのかと言いたいのである。一般企業ならまだしも、次世代を担う市内有数の教育機関たるものがこんな応対はない。

「看板を闇に葬って証拠隠滅を…」という手法は、遺憾ながら今のネットの時代では通用しない。わざわざこの看板がよく見えるように公道へ面して設置してしまったことを忘れてはいけない。

例えば2013年に採取された Google のストリートビュー(SV)でもこの看板が明白に記録されている。


悪いことに看板にはわざわざ宇部高専白鳥寮の記載がされていて、SV画像でも充分に読み取れる。人間性豊かな技術者の育成を目指す[2]宇部高専たるものが、外部から指摘されるまでこういった差別的な看板の掲示を数年間にわたって看過してきたのかということになる。Google へモザイク処理申請を行うなら別として、今後事ある毎にSVのリンク一つでこの不適切な看板の設置事実を立証できてしまうのである。こういった小さな綻びから教育管理レベルが知れ渡りかねないと思うのだが、如何だろうか。
出典および編集追記:

1.「FB|2016/1/15のタイムライン(要ログイン・限定公開)

2.「宇部工業投稿専門学校
《 開マンションの見える風景 》
現地撮影日:2014/4/25
記事公開日:2014/12/19
情報個人的関わりの記録のみを意図して記述しています。当サイトとして当該物件の宣伝や特定の評価を与えるものではありません。

野中の変則五差路を過ぎてからも暫く本路線の両側には工学部関連の建物が並ぶ。やがて建物が民家に代わり、それも少しずつ減って初めて眺めが開ける場所がここである。


撮影場所を中心にポイントした地図を示す。


現地撮影日時点では現在も耕作された畑が広がっている。丘陵部を点々と電信線が伸び、幅広く浅い沢を挟んでとても目立つ一棟のマンションが見えている。


さて、何処にでもありそうなこの眺めを派生記事として仕立てた意図は何であろうか。実はまったく個人的な関わりなのである。しかし何十年も前の確かな記憶を残しておきたい。話せば(書けば)長くなるので折り畳み形式で記述しよう。

注意以下には長文に及ぶ個人的関わりが記述されています。レイアウト保持のため既定で非表示にしています。お読みいただくには「閲覧する」ボタンを押してください。

《 開地区の2人目の生徒 》
記事公開日:2014/12/28
プライバシーに係る問題なので場所について多くは語らないが、この右の道を降りたところに私が開地区で2人目に受け持つこととなった生徒が居た。


詳細は以下の展開テキストに書いた。

注意以下には長文に及ぶ個人的関わりが記述されています。レイアウト保持のため既定で非表示にしています。お読みいただくには「閲覧する」ボタンを押してください。

なお、以上の記述はあまりに長いので該当項目を別途作成した折には移植される予定である。

《 開の道標 》
現地撮影日:2014/9/27
記事公開日:2014/12/27
本路線の古道として遺っている区間と市道丸山黒岩小串線との交差点部分に道標が存在する。[2014/4/2]


市道丸山黒岩小串線に沿って黒岩方面を向いて撮影。


同路線の反対側を向いて撮影。
石碑は練積ブロック擁壁と側溝の間にあるので、これらの施工のとき据え直されている。


東 床波 丸尾
西 新川 居能


北 井関 阿知須駅
南 岬
[2014/4/2]
ここにある阿知須駅とは現在の山陽本線本由良駅を指す。


大正四年十一月
開黒岩青年支會


北側には御大禮記念の文字が見える。
石碑が大正期だから大正天皇の御大典を記念して据えられたのだろう。


道標の行き先として表記される地名はその方向にある代表的な場所が選ばれる。いつ頃から各地名の漢字表記が存在していたかの参考にもなる。
この道標はかなり目立つ場所にあるので本路線の初回トレース時には既に気付いていた。また、歴史マップ[2]にも掲載されている。

(「市道常盤公園開片倉線・横話【4】」へ続く)
出典および編集追記:

1.「Wikipedia - 阿知須駅|歴史

2. 上宇部歴史マップ 16番

ホームに戻る